スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |

Take the Local Train

マイうどんブーム、再び。ライムです。

食べた過ぎて今日ひとりでセルフうどん行っちゃいましたよもう。



さてさて。2月16日に行った200kmツーリングのレポートを書きましたので、リンク貼っておきますー。

http://sacredinfo.jugem.jp/?eid=258


前編後編に分けて書いてます。距離が長ければ、内容も比例して長くなってしまうんです。


にしても、もうちょっとサラっと書きたいですね。

書き出すと、アレもコレもと長くなってしまう。


というかそもそも写真の量が多いんですよね。



でも、より多くの写真を使って、文章で言い表せられない部分を視覚的に補ってくれるので、これでも書くボリュームは減らせてる・・・のかな?


次はたぶん四国の旅のツーリングレポートを書く予定なので、そのときにはもっと簡略なものになってるかも・・・。





ちなみにちなみに。

レポートと同時進行で、市町村境標識ハントを随時更新中です!

見やすいように、早見表をつくってますよー。あなたの住む市町村はハントされてますかー?

http://sacredinfo.jugem.jp/?cid=8


近々、こんなスタイルで、ツーリングレポートの早見表もつくります。

そっちは時系列順に並べて表にするつもりですー。




っていう感じで、今回伝えたいことは以上なんですが。



今後の予定でも喋っときますね。


「ひとりごと」ってカテゴリですし。



今週末、輪行します。

場所は、今のところ岐阜・愛知の山間部。峠いくつかと素掘りトンネルと千枚田がお目当てです。


ただ、終電に間に合うか、非常に微妙なラインなんです。


17時半にゴール地点の駅で電車に乗り込めば、余裕をもって帰れます。

18時半だと、大阪環状線を利用しないと最寄駅にたどり着けません。

--------------------------------最寄駅到達ライン----------------------------

19時半だと、大阪駅で終電。おそらく、手前の吹田駅で下車して自走で帰れるでしょう。

-------------------------------帰宅できるライン----------------------------





22時半に出る電車がありますが、これだと大垣駅でストップ。万事休す。




どうして1時間おきに出ていた電車が19時半から3時間なんにもなくなってしまうのか・・・。


たぶん19時半は間に合うとおもうんです。でも個人的には18時半の電車に乗りたい。ハイ、ここがとっても微妙なんです。


とまぁ、考えてもダイヤが変わる訳ではないのです。その場その場で対処法を考えながら走ります。楽観的にね。



そしてそして。

高校2年のときのクラスメイト4人で結成されている(?)、変態自転車部が、1年ぶりに総結集します!!


¥ ヤッホーイ ドンドンパフパフー /


去年の春の北摂100kmツーリング以来っすね。


今回も100kmくらいです。

行き先は・・・六甲山!!


んー、どうなるんでしょうね。

最近はメンバーの中では、ヒルクライムに関しては、走ってる量からしてライム優勢ですが・・・。

初見の峠に強いナガウラ君がいますからね。

部長にも南奈良180kmツーリングの最後、金剛トンネルでチギられてますしね。


ダークホース・章ちゃんは、なんだかんだで誰よりも六甲山を知る男ですしね。


「誰よりも六甲山を知る男」ってフレーズ、カッコいいっすね。

でも「しるおとこ」で変換したら「汁男」になったのは偶然じゃないでしょう。




これが変態自転車部たるゆえんですよ。


あーあ、六甲山がオンナにされちゃう・・・。


| ひとりごと | 02:10 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |

山岳はそう甘くない。。。

甘いものは好きですが、甘すぎると嫌になるライムです。

何事も"適当"が大事ですよ。



さてさて、波乱たっぷりだった四国の旅から約1週間。相変わらずぐうたら遊び呆けてます。

あ、四国の旅のツーリングレポート、できるだけはやく書きます。

K.M.に「連泊のツーリング記事ぜんぜん書いてないやん!」って指摘されましたので、時間をみて順次書いていきます。山陰とか伊勢神宮とか、丹後・若狭一人旅とか。


四国から帰ってきた翌日3月8日、本来であればまだ四国にいた日、この予定の空いた日にツーリングの誘いが。。。




われらが変態自転車部のエーススプリンター(?)ナガウラ君です。


この日は、神崎川→猪名川→五月山ドライブウェイ→箕面川ダム→余野→忍頂寺→安威川→国道1号、、といった感じで走りました。


神崎川や猪名川の河川敷は走りやすいという噂を聞いて、初走。

時間短縮にはなりませんが、ゆったり走れて、何よりクルマが来ないのは大きいですね。平日は使えるかも。






途中、こんな交差点が。

・・・モスリン


橋の名前・・・でしょうか。なんかすごい可愛いけどちょっと気持ち悪いですね。


ホント、イメージカラーはなんですが、外来系のサムシングですか、これは。




漢字あるんスか!!?


夜露死苦とか、愛羅武勇みたいな、いわゆるDQNのノリでしょうか。でも漢字のセレクションがちょっと昔の当て字っぽい気もしないでもない。。。


で、調べてみました。


モスリン(英語: muslin)とは綿(めん)や羊毛(ウール)などの単糸で平織りした薄地の織物。(出典:wikipedia)


さらに調べてみると、橋の名の由来がわかってきました。



この橋、大阪府西淀川区と兵庫県尼崎市を結んでいるのですが、尼崎側に「毛斯倫(モスリン)株式会社」の毛斯倫を扱う工場を建設、それにあたって会社が私設橋を架け、「毛斯倫大橋」と名付けたのが由来だそうです。



へぇ〜、って感じでしょ?ライムはそのささやかな「へぇ〜」を得る代償に毛斯倫がゲシュタルト崩壊してますよ。





猪名川沿いを走っていると、右手に伊丹の大阪空港が。

飛び立つ飛行機が、近くだとあんなに爆音を立ててフラフラ飛んでくんですねー。今度ゆっくり写真を撮りにこようかな。


猪名川はやたら細かい虫が多かった。ん〜春ですねぇ。


愛媛西部高知を走ってると随所に春の訪れを感じました。菜の花や桜が咲いてたり。。。

で、大阪に帰ってくると、虫やら黄砂やら花粉やらで春を感じる。。。


特にこの8日は空気が悪かった。目鼻がものの1時間でどえらいことになった。。。




花粉・黄砂に弱い2人は、それでも峠へ。

はじめての五月山ドライブウェイへいってきました。有料道なんですが、自転車は無料で通行できます。

登れるモンなら登れよ、って感じっすかね。




メンツがメンツなだけあって、ヒルクライムレースみたくなっちゃってたので乗りながら撮影。序盤のキッツい激坂の途中に展望ポイントがありました。

にしても序盤ホントにキツい。斜度16%くらいあるみたいです。


序盤の激坂をグイグイ登るナガウラ君。ここではなされたらマズい、と食らいつくと激坂の終わりではバテてきた様子。


結果として、最後は差をつけて登りきれました。でも中盤のアップダウンのせいでペースを掴みづらく、必要以上に大量を消費してしまう。ここはなかなか難しい登板コースでした。





箕面川ダムへの下りで63km/hをマークした。こちら側も激坂っぽい。


府道4号を北上して高山集落を抜ける。バイト疲れか、五月山で心をおられたのか、ここの登りもツラそうなナガウラ君。

ライムも花粉やら黄砂やらがツラいので、当初予定していた野間峠→堀越峠をショートカットして、国道423号→府道733号→清阪峠で忍頂寺へ至るようにコース変更。





清阪峠を登りきるナガウラ君。プライバシーで顔消してますが、スゴい顔してます(笑)





ところで気づきました?

ナガウラ君のGIANTのホイール、前までFulclum Racing3だったのに、得体の知れない黒い輪になっているではありませんか。


そう、彼はついにチューブラーカーボンホイールに手を出したのです。。。


ライムのロードフレームと同じTNI社製、タイヤはドイツのコンチネンタルです。

カックィーですね。1200g台だそうです。

ナガウラ君いわく、「どんな軽いホイールでも山はしんどい」らしいです。至言ですね。


総距離:101.64km
平均時速:20.5km/h
最高時速:63.5km/h

でした。この日は山岳賞ばっちりいただきました(笑)



んでんで、3月12日。

昼まで寝てて、起きたらいい天気だったのでロードバイクでうろうろすることに。

でもデジカメ忘れたので、今回は写真ナシですすんまへん。



まずは久々に石切に行ってみる。

国道308号はものっそい渋滞。歩道をゆっくり走る。

さすがは東大阪、歩道も自転車で渋滞気味でした。。


で、石切のWヘアピンを15km/hキープで登る。やはり四国で編み出したラクな登板テクは使える!


で、近鉄の旧生駒トンネルへ再訪。以前は近くまで行けたのに、いつしか周辺も閉鎖されてました。

有名な心霊スポットになるとロクなことがないですね・・・。すばらしい土木建築遺産なのに。


で、石切の迷路のような路地をうろちょろして旧国道170号の街道へ出る。



南下していると・・・十三峠の入り口が。

ここまで来て登らないのも何だかなぁ・・・という訳で、夕景の中を登ってきました。タイムも計測しつつ。



・・・結果は、20分54秒。

うーん、速くはなってるけど20分切りの目標はまだ達成できず。



その後、中環→中央大通→大阪城公園で帰宅。


総距離:50.42km
平均時速:21.3km/h
最高時速:53.3km/h


絶好の自転車日和でした。こういう日は走ってて本当に楽しい。

そんな日が多かった四国の旅。

レポート用の写真を整理してみましたが、かなり長編になりそうな。


・・・書く時間、あるかな・・・。



| ひとりごと | 01:15 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

四国からのお便り。

旅先から、ライムです。



前回の記事の通り、現在は四国にいます。


まぁ普通であれば、ブログ更新する余裕もなく走り続ける日々の最中であるはずなんですが…。



3/5まで、高知市に至るまでのルートは、特に変更もなくこなしてきてました。


そして今日3月6日。高知市を出発して、同行者のK.M.と別行動で市内散策。

そして、桂浜で合流して室戸岬を目指す予定だったのです。


K.M.から少し遅れるというメールがあり、あの有名な坂本龍馬像で待ってたんですが、そこに電話があり、



K.M.「後ろの変速機外れた!」




…ここ、スマホからでなければなるたけ大きいフォントを使いたいんですが…。


で、桂浜の近くまで来てたみたいなので行ってみると、リアディレイラー(変速機)とフレームをつなぐ金属パーツ(ディレイラーハンガー)がポッキリ折れてしまってたんです。


このパーツは、フレームごとに違う形状なので、自転車屋にストックしてある可能性もかなり低いです。


諦めムードのK.M.と、とりあえず桂浜から近い自転車屋に徒歩で持っていく。

しかし、予想通りの返答。即日修理は困難であるという。


市内の大きい自転車屋を紹介してもらい、11km戻って中心地へ。


途中からは徒歩よりも、自転車に跨って足で蹴って進むスタイルが速いことを思いついたK.M.。10km/hくらいのペースで中心地の自転車屋に着くことができた。



しかしそこでも答えは同じく。


決心したK.M.はここでリタイヤ。


問題は僕です。

K.M.は、ここまできて申し訳ないので一人でも残りの行程をこなして欲しいと言ってました。


迷う。


かなり迷いました。

ひとりで走って、ひとりで四国一周を達成する。

でも、K.M.とはこれまで、いくつもの長距離ツーリングを共にしてきて、コースも一ヶ月以上前から話し合って決めたものでした。


それをひとりで達成しても今後その話題、四国一周達成を共有できない。

数千kmも、共に走ってきて、誰のせいでもないメカトラで置いていくのは、前回の記事でレースっぽく書いてますが、ツーリングでそこまですることもないでしょう。





…というか、ひとりで走るのしんどい。



という訳で室戸岬、徳島市で宿泊する予定だった宿に電話。

徳島のほうは前日であればキャンセル料は発生しないとのこと。良かった。


そして、今日泊まるはずだった室戸岬の宿も、「また今度くるときに利用してください」と、なんとも優しい対応!!


銀魂のキャラ並みの情の厚さに助けられて、キャンセル料なしで処理できました。

そして、ジャンボフェリー。

往復券を買ってたんですが、なんとコイツは期間内であればいつでも乗れるというのです!

ということは高松まで行ければいいのです。



…電車…か。


今回、電車を使う予定がなかったので、輪行袋は持ってきてませんでした。


どうするか。


そんなとき、ふとロード乗りブログをサーフィンしていたときに目にした記事を思い出した…。


それは、堺市辺りのロード乗りが葡萄坂付近でスポークが折れ、急きょ輪行で帰った記事。

コンビニでガムテープとゴミ袋で自転車を包み、輪行していた。



そう、ロード乗りが走行不能になったときの奥の手「ゴミ袋輪行」である…!!


提案に乗ったK.M.と早速高知駅前のホームセンター・コーナンでゴミ袋を調達。


前夜、駅前の一等地にホームセンターっておかしいやろ、って笑ってたのですが、非常に役に立つ結果となりました…。


そして包む。意外にもいい感じにまとまった。

ホイールとフレームを別にして、フレームはゴミ袋2枚で両側から包み込むスタイル。


さらに実は、前日、四万十市でK.M.が自転車を倒し、サイコンが外れやすくなるトラブルがあり、K.M.は養生テープを買って固定させていたのです。


その養生テープを利用してゴミ袋を留める。


それを持って高知駅へ…。


実はこのゴミ袋輪行、電車の決まりに反していて、自転車を電車に乗せる際は、必ず専用の輪行袋を使わないといけないんです。(安全面の配慮から)


なので、この改札が関門なのです……が、すんなり通れました。

事情を説明すればきっと分かってくれる…と思ってたんですが、言葉なく火急を察してくれたのですかね。


という訳で、ライムはいまJR土讃線で山を越えています。



順風満帆にいく旅ばかりじゃない、と日頃から思ってましたが、思わぬ波乱でした。



途中リタイヤ、という結果が悔しくない訳じゃないですが、この旅、存分に楽しみました。


香川でも愛媛でも高知でも峠を巡って、瀬戸内海から太平洋まで回って、四国滞在中ずっと天気よくて、高1から走りたかった四万十川沿いを走って、初日から大量にうどん食って、四万十名物の青のり天ぷら食って、土佐名物の蒸し寿司食って、カツオのたたき食って、、、



最後食ってばっかりやがな!!



という感じです。でもまだ旅は終わってません。家に着くまでがツーリング。高松駅から高松東港、神戸から自宅までを控えています。


最後まで気を抜かず頑張りますよ。



…なんか真面目すぎな記事ですね…。まぁあんまりボケる余裕もなかったり…。

| ひとりごと | 19:45 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |

旅立ちの日に

合唱は歌ってるフリをするパートを担当していたライムです。

「旅立ちの日に」歌ったっけ?気になってYouTubeで聴いてみたけど覚えてないです。



さて。題のとおり、今日四国一周へ旅立つんです。


「なんでブログなんか書いてんの!?」って感じですが、というのも、神戸港を夜に出るフェリーに乗って高松へ行くんです。


一応、グランツール風に日程と予定距離を書いておきますね。


プロローグ(3/1):自宅→神戸港 41.5km 標高差25m

1日目(3/2):高松港→愛媛県新居浜市 112.5km 標高差159m 峠×1

2日目(3/3):新居浜市→松山→八幡浜市 138.2km 標高差340m 峠×3

3日目(3/4):八幡浜市→宇和島市→四万十市 117.8km 標高差334m 峠×2

4日目(3/5):四万十市→須崎→高知市 129.6km 標高差300m 峠×1

5日目(3/6):高知市→室戸岬 105.1km 標高差77m

6日目(3/7):室戸岬→阿南→徳島市 140.3km 標高差251m 峠×3

7日目(3/8):徳島市→高松港 78.3km 標高差266m 峠×3

エピローグ(3/9):神戸港→自宅 41.5km 標高差25m


総距離は単純計算で904.8km

ちなみになんですが、2月の積算走行距離が834.8kmでした。

2011年から月別走行距離を記録してますが、2月の値は、大阪ー大分を走った2011年3月の1285.2km、大阪から能登半島突端まで走った2011年8月の917.3kmに次ぐ3位の記録でした。


僕は今日から1週間ちょっとでこの2月ぶん以上の距離をSCOTT sub30ことスーさんで走るのです。。。




(峠の数は)13や。



いいでしょう、越えてみせますとも。





・・・これ、一周して高松港戻ってきたら感動するだろーなー・・・。


そのときと、帰ってきた日の夜にある部活の追いコンライブを楽しみに、安全運転で頑張ります!




| ひとりごと | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

rareでVermillionなニクいやつを求めて、、、

実は迷惑メールがきたことがないライムです。

どうでもいいですね。でも実はちょっと誇りだったりするんですけどね。



2月23日、土曜日。この日はナガウラ君と金剛山地と下市町あたり峠をめぐる予定だったんですが、お互いの事情で中止に。

というかライムはただ眠かっただけなんですが。。。


で、昼に起きて、今日中に「あの赤いきっぷ」を手に入れないと、四国行くまで買いに行けない。。。


あの赤いきっぷとは、、、ブログの最後に。


TVショー風の演出です。





という訳で、13時半に家を出て淀川河川敷を走る。

弱い追い風なのか、かなり良いペースで走れた。





14時50分
に京都府境へ。たぶんこれは今までで一番速いんじゃない?

平均30km/hくらいをキープして木津川河川敷へ進む。



そして、京奈和自動車道の下をくぐった辺りで河川敷を出て町のほうへ。




"赤いきっぷ"が販売されている大阪から一番近い駅大住駅に到着です。16時頃だったと思います。


ここで無事、赤いきっぷをゲット。すると小雨が降りだす。。。

仕方ないので、小雨の中走る。山手幹線のアップダウンをこなしていると。。。




久々に本格的な雨に遭遇しました。。。

同志社大学近くのコンビニで休憩。暖かい飲み物とおにぎりやらチキン的なものを補給。

吸殻の掃除をしてた店員さんに「雨降ってきましたね〜、寒くないですか?」と話しかけられたり。


ライム「寒いので僕を温めてください!!」



みたいなド変態な妄想しつつ、「寒いです〜」みたいな感じで華麗に受け流す。

たぶん同志社の学生さんですかね。雇用先が少なそうな京田辺キャンp



というわけで、ここから精華町の丘陵地を抜けて裏から清滝峠を越えて帰ることに。



雨上がりの形容し難い良い雰囲気の中を走る。


・・・でも水がはねて背中に当たる・・・冷たい・・・。


でも今日は妙に調子がいいので、登り坂をアウター一本で登りきる。これは清滝峠もアウター縛りでいけるかな・・・?


気温4度。まだ暖かいけど、雨でひんやりとした裏清滝をアウターで登りきる。

途中、ロード4人組の集団がいました。ツーリングかな?




曇ってるし、写真を撮らずに下ろうと思ったんですが、やっぱり登った記念に一枚だけ撮っておきました。


そして18時前に帰宅。予定より1時間早く帰れました!


総距離:72.85km
平均時速:24.7km/h
最高時速:48.6km/h

なんだか妙に脚が回る一日だった。河川敷の追い風で気分的にもノッたのかな?

普段ならありえないアベレージです・・・。ホビーレーサーくらいはあるんじゃない?


逆に、ホビーレーサーさんはこのくらいの速さで高野山とか行っちゃうんだから・・・。




で、"赤いきっぷ"の正体です。





これです。3月の輪行を支える「青春18きっぷ」限定版。


ごく限られた駅でしか、このタイプの18きっぷは売ってないんです。詳しくはgoogle先生にお願いします。

実は去年の春も、玉水駅でこのタイプのものを買ってます。



もうすでに輪行プランはあがってます。


ざっくり言うと・・・]族了魁´∧叱棒症堯´4阜  です。


変更する可能性はありますが、だいたいそんな感じ。



あれれ〜?でもこの18きっぷ、5回ぶんあるよ〜?


この定型句、腹立ちますよね。煽りに最適だと思います。


ほかに1回は使い方が決まってるんですが、もう1回ぶん、余るんですよね。



変態自転車部の誰かさん、一緒に輪行しませんか・・・?



という感じ。2月25日には、K.M.と久々に日帰りツーリングしました。

またこれもツーリングレポートで。なかなか楽しいものが見れたんです。冬ならではの、アレです。


・・・ここ最近、アルバム紹介してないですね。2回だけで終わった企画になってますね。


でも・・・今回も・・・やりませんよ・・・?


| ひとりごと | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

お昼はうどん。

完全にハマってます、うどん。ライムです。

・・・うどんの上によく乗ってるのはライムじゃなくてすだちです。



2月20日。この日は以前から気になってた「水曜限定。」の施設に行ってきました。



場所は兵庫県尼崎市。車通りの多い道を避けて国道43号線まできます。

写真は淀川。川の向こうが西淀川区ですね。


ちなみにですが、サドル替えました。

以前のスーさんこと、SCOTT sub30の純正サドルが痛かったので、柔らかいものにしました。cyclePROって書いてます。あんまよく知らんブランドです。


サドルを替えると、ふかふかして快適に!

でも快適すぎてスピード出す気にならない感じもありましたが。。。




昼に出発したんですが、16時に県境。

実はもう目的地はこの写真に写ってるんです。まっすぐ前の煉瓦造りの、、、





これです!1900年に建てられた尼崎最初の工場跡です。





ユニチカ記念館
です。今日はこれを見学しに来たのです。

水曜日にしか空いてないんですよ、ここ。


んで、裏門に回ると。。。





え!?なんで!!!??


来てから知ったんですが、開館時間は10時〜15時だそうです。。。


まぁ、残念だけど、近いしまた近いうちリベンジしよう。。。






で。国道2号沿いにあるチェーンのうどん屋で、最近ハマり中のうどんを食べて帰る。


とあるサイトで、「かけうどんに天かすとネギをいっぱいかけて食べると安くて美味しい。」と書いていたのを見て、真似したくなったのです。

いやー、確かに美味しかったです。




そして帰りは淀川河川敷。街中に残る数少ないダート路です。




未舗装の道の向こうに梅田ビル群と、まだ膨れ上がろうとする都市の姿が。

でもあのクレーンは梅田じゃなくて、福島のところの工事現場のものでした。


総距離:41.49km
平均時速:18.4km/h
最高時速:33.2km/h

でした。帰りにウエパに寄ったんですが、チューブだけ買って帰りました。

むしろ隣りにあるダイコクドラッグで色々と買いだめしてました。




そしてそして、2月21日。


ついに我らが変態自転車部のあの男が峠に復活したのです。。。




とか大々的に言ってみましたが、久々なので十三峠に行って帰る、午前中だけのメニューです。

この日の参加者は3人。左からライム、ナガウラ君、章ちゃんのロードバイクです。

いつもの十三峠への抜け道にあるコンビニで休憩して、峠へ。


峠の入り口で仕度して登ります。一同タイムを計ってみることに。


ライムは前々からずっと20分切るのが目標。

章ちゃんはとりあえず30分は切りたいと言ってました。




頂上。中盤から路肩に雪が残ってました。ここでは初めて見る光景です。

結果は、ライム22分20秒と普通にダメでした。・・・結構頑張ったつもりだったのに・・・。

で、3分ほど遅れてナガウラ君到着。初見の峠ではめっぽう強いナガウラ君は慣れた峠は苦手という謎体質。


で、章ちゃんは32分。2分オーバーでしたねー。登りきったあと、本気で疲れててちょっと笑えなかったです。。。




頂上の駐車場には一台も車が停まってませんでした。めずらしい。。。


そして下り。とりあえず自転車を並べて撮りたいので最初のヘアピンカーブまで下ることに。


すると。。。




自称・パンクをしない男久々の峠で洗礼を受けました。


しかもこの日の十三峠は冷たい風が吹き、めちゃくちゃ寒い。

寒い中では作業しづらく、タイヤも固まってチューブ交換できないので、とりあえず降りることに。

一応ポンプで空気だけ入れよう!となり、ナガウラ君やライムのポンプで入れるもすぐに抜けるので諦める。

ポンプをバルブから抜くときに、章ちゃんのFULCRUM RACING1太〜いきしめんスポークがナガウラ君の指をダイレクトアタック。流血沙汰の騒動を巻き起こす。


ちなみに、ここまで3人は終始大爆笑だった。




ちなみに、大阪府民の森の入り口あたりでワイワイやってたんですが、そこからはこんな景色が。

十三峠のワインディングのある山道がカッコいいっすね。





無事、下界に到着。

なぜか恐ろしく固いMicherin PRO3を3人がかりで入れ込む。

ちなみに外すのにもかなり手間取った。


何十分もの格闘の末、最後は3人の力を合わせて無事チューブ交換完了。・・・こんなにパンク修理って大事でしたっけ・・・。



そして、府道24号沿いのはなまるうどんで昼食。二日連続のうどん。

そして最後は軽く小雨に降られながら14時半帰宅。

総距離:38.05km
平均時速:18.9km/h
最高時速:41.9km/h

でした。最高時速はたぶん帰りの平地で出したものと思われます。。。




という感じです。2月24日もひとりで走ったのですが、それはまた次回。



で。そろそろ発表します。


3月1日から9日にかけて、、、長期休暇の恒例企画・K.M.との超長距離ツーリングです!

その名も「8泊9日 四国一周の旅」です!!

といっても、1日の夜に出て9日の朝に帰ってくるので、ガッツリ走るのは7日間です。

うどんハマり中のライムはグッドタイミングでうどん県に上陸し、本場のうどんを食すのです!!


これの詳細も次回発表します。


ではこの辺で。



| ひとりごと | 02:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Castle in the night

マイブームはうどん。ライムです。


最近寒いですね。寒いのに雪は少ない(ない訳ではないけど)ので、雪の林道ツーリングが出来ずに2月末まできちゃいました。

もう2月の予定は埋まってるし、3月ですね。雪残ってるんですかね。不安です。



という訳で、2月16日は「日本の中心を目指す200kmツーリング」無事トラブルもなく走ってきました!!

単独200kmは本当に久しぶりでしたが、終始楽しんで走れました。「ロードバイクって楽しい!」とか思いながら走ってました。特に中盤。

夏の「3泊4日 山陰の旅」の1日目、大阪ー鳥取216kmのほうがしんどかったし難易度は高かったです。確実に。


こちらは後日ツーリングレポートで書きます。

書く前に載せる写真を圧縮・サイズ変更するんですが、このツーリングの写真が60枚くらいに及んだので、おそらく超大作になりそうです。。。


すぐに書くので少々お待ちを。



ていうか、過去の泊りがけツーリングのレポート、一切書いてないんですよね。

書いたら面白いモノになりそうなんですが、いかんせん内容が濃すぎて。。。


「8泊9日 大分の旅」と「4泊5日 能登半島の旅」は写真データがほとんど消えちゃったので割愛するとして、去年に行った春の「2泊3日 伊勢神宮の旅」、夏の「3泊4日 山陰の旅」と単独で行った「2泊3日 丹後・若狭の旅」を書いていこうと思います。



んでんで。200kmツーリングの翌日、17日。

誘ったらノッてきたので、章ちゃん夜の大阪城へ。

意外と前日の疲れは少なかったです。夏に216km走った翌日も鳥取ー米子を100km以上走ってますもんね。連日走ることに関しては強いです。



暗くて写真に写らない2台のロードバイクと章ちゃん。

章ちゃんのBianchi、ロードバイク復活にあたってアップチューンされてるんですが、暗いので後日。

明日の朝に十三峠へ行く予定なので、その記事の中ででも。




歩道橋から見える天満橋の夜景はなんだかまとまりが良くて好き。

青の差し色が良いアクセントになってますね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー




ふざける章ちゃん。20才。




寒いのになぜ夜に走りに行こうと言ったんだろう。。。と思いつつ大川の河川敷で毛馬まで。

毛馬から中津→都島へ走って、その後ナガウラ君のバイト先であるスシローへ。

すると、絶賛バイト中だったそうで、バイト終わりに合流して談笑。日付が変わった12時半くらいに帰宅しました。



この日は15kmくらい。と、表示されてましたが、実際はもう少しあると思います。

というのも、サイコンが土台から外れやすくなってきてるんです。

で、ときどき反映されずに走ってて記録されてない、、、ってなことが時々あったり。


そして、考えました。


もっと多機能なサイコンに替えてやろう!!


最近ロードバイクをいじりたいんですが、たいていのパーツを替えてるんでやりたいとこがなくて・・・その末路というか・・・。


で、いま欲しいのがコレ。


CATEYE ADVENTURE 15750円


高い!今のサイコンの3倍します。でもウエパだと13000円。でも高いっす。


高い理由というのが、このサイコン、非常にアドヴェンチャーなのである。

「ベ」ではない。「ヴェ」である。


何かというと、一般的な機能に加えて、「気温」、「海抜高度」、「傾斜」、「登坂高度」、「累積高度」が測れるんです!!


だからこれがあれば、どのくらい寒いor暑いところを走ってるのかもどれだけ高い所まで登ってきたのかもいまどんだけ緩い坂で苦しんでるのかもまだちょっとしか登れていない事実を数値でたたき出される文系にはツラいくらい数字で全てを片付けてくれるのです!


まぁツーリング中の体調管理や状況判断に役立ちそうですね。

ちなみに「ケイデンス」や「心拍数」はついてません。

実は章ちゃんが心拍計付きのサイコンを買ってたんですが、ツーリング主体のライムにはこっちのが適切かと。


とりあえず、目標として夏までに買います。



あと、欲しいものとしてはペダルかビンディングシューズを買いなおすかもですね。

とはいえ、どちらも現行で問題ないので、お金に余裕ができたら、ですね。


長くなってきたので今日の出来事は、明日の変態自転車部・朝の十三峠練の模様と一緒に書きます。


| ひとりごと | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Spring is here.

最近は「Spring」すらスペルが合ってるか不安になるライムです。

いま大学模試とか受けたら偏差値50切ってるんでしょうね。まぁ大学なんて入学したらこっちのもんすよ。


ちなみに今日のタイトル、ジャズスタンダードのほうですよ。ネットで調べたらチョ・・・じゃなくて、韓流アイドルが出てきたので、蛇足ながら。



今日は2月14日。バレンタインにも関わらず、生駒山岳練をした様子を書いていきまーす。




突然ですが、十三峠の頂上です。

ご覧のとおり、American Classicのホイールできたので、久々にTTしてみました。

タイムは21分06秒。20分切らず。

やっぱり後半でバテて時速10km/hを切るのが原因だと思う。最後まで回す脚があれば20分切れそうなんですが。。。

ちなみにここでの自己ベストは20分40秒です。高2の秋でした。




頂上にあった「十三峠越」と書かれた看板が撤去されてました・・・!

代わりに木目調の立て看板がありますが、何も表記されていない・・・これに一体何の意味が?


この辺で何かしらの変化があるらしい。

ちょうど今のクリートも今日でお役御免なので、少し登山道を歩いて探索してみることに。


のちのちこれがメンドいことになるんですが、、、すると!




生駒スカイラインまでテクテク登るとこんなモノが!

十三峠は清滝峠と並んで最も多くクライムしてる峠ですが、新発見です。


お伊勢参りに使われた峠だったんですね。僕らがいうのもなんですがおとなしく大和川沿いを歩いたほうがラクなんじゃ・・・?




生駒スカイラインにも十三峠を示す標識が。

同様のものを暗峠でも見かけましたね。


さすがは有料道。走りやすそうな道に素晴らしい眺望が広がっています。




重要有形民俗文化財・十三塚がありました。

おそらくこれが「十三峠」という名の由来でしょう。

日本各地にあるらしいです、十三塚。開発ラッシュで完存するのは珍しいそうです。まぁこんな峠のてっぺんにあるので、開発もされないでしょーね。。。


探索を終えて、奈良県側へ下る。その後、広域農道のアップダウンをこなしながら三郷町へ。



この日唯一のコンビニ休憩。補給も事前に用意していたウイダー以外はナシ。


のんびり食べて、再出発。国道25号で大阪へ戻ります。




2両編成の近鉄電車

いつも思いますが、、、ファミリーコンピューターと配色が完全に一致してますよね。

どちらが先輩なんでしょうか。普通に考えたら近鉄ですか?ファミコン好きすぎて塗装し直した訳じゃないですよね?

ちなみにライムは中2の頃、PCでロードランナーやるのにハマってました。




大阪入りしたあと、ちょっと気分が乗ってきたので、高井田辺りから葡萄坂を登りました。

相変わらずいい景色。地理好きにはたまらない景色。都市構造が丸見えだぜぇー。




速く走るために、極限まで無駄を削ったのがロードバイク。

いくつもの「最低限のパーツ」で組まれてますが、中でもリアの駆動系はカッコいい。

あおいちゃんのリア周辺はホント素敵ですねぇ。

あと最近ペダル替えたいなー、と思ってます。もう少しグレードの高いやつに。



で、柏原に下って、大和川→内環→千日前通→堺筋→中之島で帰宅しました。途中寄り道しつつ。

総距離:70.18km
平均時速:23.1km/h
最高時速:59.0km/h

このコース、この距離ではかなり速めの平均時速です。

大和川辺りから少し意識して走った結果なんですが、だんだん走れる身体に戻ってきてるのかもしれません。


まぁその真偽は明日はっきりするんですが。




で。今日は雨。クリートを交換しました。

十三峠で探索したせいで、砂が入り込んでて、まずは掃除からしないといけない事態に。ちょっと大変でした。


これも全部明日の準備なんです。



・・・さっきから明日明日と、明日一体なにがあるんだって話ですよね。



久しぶりに200km走ります。



2012年の夏、大阪-鳥取216km以来、単独では2009年2月8日の下市町・黒滝村の旅200.6km以来の200km越えツーリング。


なのにこんな時間までブログ更新。睡眠時間が減っていく。。。


という訳で、今回はアルバム紹介は割愛。

ツーリングの経過はTwitterで実況するかもです。後半ツイートがなかったら相当しんどくなってると察してあげてください。


では。


| ひとりごと | 00:30 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

山と都会を少々。

バレンタインはチョコよりクッキーのほうが可愛いよねー(*´・ω・)(・ω・`*)ネー と思うライムです。

さらにどうでもいいですけど、僕の友達にはホワイトチョコが嫌いな人が多いです。

僕は好きですけどね。



はい。ということで2月も半分まできたわけですが、相変わらずライムは4年間の大学生活でおそらく最も自由な2ヶ月を過ごしてます。

本当にやりたいことばっかりやって、好きなときに自転車乗って、ピアノ弾いて、買い物行って、だいたい昼まで惰眠を貪ってます。

2月後半こそは「早寝早起き」を目標に頑張ります!

今どき小学生でも掲げないような稚拙な、しかし多くの大学生が達成困難な目標ですね。


というわけでいつもみたいに自転車の話。今日は2本立て。




まずは2月9日。

この日は丸一日フリーだったので、SCOTT sub30、通称スーさんで100kmくらいのトレイルを混ぜて北摂・亀岡を走る予定だったんですが、昼まで寝ちゃう。

こういう日が続いてて、春休みに入ってから長距離ツーリングできてません。行こうとしたら積雪の予報があったりと、タイミングの問題もあるんですが、一番には寝坊が原因です。。。


で、100km未満で軽くトレイルしたい!と思い、前々から気になってたとある山のトレイルコースへ。

一応、地域への配慮として場所は伏せておきます。

トレイルコースの入口がこれまた複雑で、何度も前日に国土地理院のHPにある2万5千図のキャプチャを見ながら道を探す。

大学での研究分野の関係で、国土地理院や国勢調査を開示できる統計局をよく利用します。

自転車ツーリングによって得た知識で大学に入学して、大学で知った見方やノウハウをツーリングに還元する。・・・いや、別に「遊び」を充実させるために大学で勉強してる訳じゃないんだと思うけども・・・。




こんな極細の舗装路を進んでいきます。斜度20%はゆうに超えてるような激坂なので、ここは押し一徹。



山間に隠れた田畑を抜けると本格的に未舗装のトレイルコースへ。

この辺りは、緩やかな登り坂でスイスイ走れました。




しかし、山頂への道の交点から強烈な下り坂。乗って下ろうとしますが・・・。


まぁ、こけますよね。


やっぱりこのサイズの道はMTBじゃないと厳しいです。シクロタイヤを履いたクロスバイクは、車体が軽く、サスペンションもないので、跳ねに跳ねます。スーさんもここではそりゃもうマンガみたいなじゃじゃ馬っぷりを披露します。




そーっと下ったせいで、イマイチ楽しさに欠けたものの、久々の未舗装路を堪能。

その後、忍頂寺を目指して府道43号を駆け上がります。


久々のスーさんでの登坂。

重いけど、ロードと違ってのんびり走れるギアがあるので、さほど苦しくない。

スピード重視であれば、あおいちゃんに敵いませんが、ゆっくりと路面を気にせず走れる点では良い自転車ですね。




忍頂寺から車作へ至る府道1号線のダウンヒル。実はここを走るのははじめてでした。

忍頂寺の気温は0度。完全防寒スタイルにも関わらず、寒い。。。家に着く頃には手の甲がしもやけみたいに真っ赤になってました。。。




途中、山の隙間から街を遠く望むところがありました。

位置的に茨木市街でしょうか?というか、日が暮れてきて一層寒く。。。




府道1号線。あんまり見ないキリの良さ。

ちなみに都道府県道の標識で、こういった英語表記がみられるのは、ほぼ大阪のみなんですよ。普通は日本語表記のものしかないんです。

1970年に開催された大阪万博に際して、英語表記と日本語表記の併用がなされたそうです。海外からの来場者さん達は、こんな辺鄙な山間部まで来ないでしょ・・・。




途中には車作集落を一望できるところもありました。


この集落、妙に真新しいでしょ?

実は、この集落の流域に安威川ダムが建設されるにあたって、数年前に高台に移転されたのです。

この計画されてるダム、八ッ場ダムで話題になった、「日本の長期化ダム計画」のひとつなんです。

大阪万博よりも前の1967年、この流域を含む地域で「北摂豪雨」と呼ばれる水害が発生。この対策として1976年に計画発表。

で、反対運動などの紆余曲折の末、最近になって水没する集落の移転、府道の整備など、本格的に動き出してます。

車作の少し北部では新名神高速道路の建設が行われており、このあたりは今、工事しまくりな状況です。。。





府道46号の長い直線ダウンヒルのあと、あまりに寒いのでコンビニでホット缶のコーンスープを買う。

夜闇に染まる中、このコンビニが少しオアシスに感じた。。。


総距離:61.32km
平均時速:19.0km/h
最高時速:52.1km/h


でした。いやホント寒かった。この時期は明るいうちに家に帰りたいね。。。



そして。2月13日。昨日ですね。





黒のビアンキ・・・。

小学生の子供がいる家庭の冷蔵庫のごとく、シールが貼られたロードバイク・・・。



そう、長らくロードバイクに乗っていなかった章さんが再始動に向けて動き出しました!


この日は梅田のウエムラサイクルパーツまで買い出しです。



店先で買ったものをカバンに詰め込む章さん。

ウエパは手提げ袋で渡されるので、ロードバイクで訪れる際は何か考えておかないとこうなります。。。


ちなみに、ライムもスーさん用のサドルとクリートを買いました。


章さんはSHIMANO 105のブレーキキャリパー、バーテープ、チェーンオイルとかを買ってました。

また山へ走りに行った際に紹介しますが、章さんの再始動にあたって、一番の改造点はホイール。

Fulcrum Racing1を履いてるんです。これによって10速化する必要があり、コンポもティアグラから105に一部交換されてました。


その後、ライム宅で12年前の野球ゲームと楽器いじったりしましたよっ。



今日、14日もライムは単独で生駒の山岳練に行ったんですが、長くなりそうなので次回。



じゃあ今回もアルバム紹介しますねっ。




今回はV系から、Kagrra,の「燦〜San〜」です。

2000年に結成されたV系バンドなんですが、特徴はなんといっても和風テイストを盛り込んだロック。


wikiによると、ネオ・ジャパネスク・ロックっていうらしいです。ちょいと名称長くないっすか。


そんな彼らが2005年に発表したアルバムがこれ。


実はKagrra,は2010年に解散、ボーカルを務めた一志さんは翌年に急逝しているんです。

中学時代から好きなバンドのひとつだったので、ニュースをみたときはとにかく衝撃的でした。

解散後、ソロ活動をはじめた矢先だったので、これからもあのサウンドや世界観を聴けると思っていただけに残念でなりません。


そんなKagrra,ですが、もう完全なる個人の意見なんですが、このアルバムを契機に、一気に音楽的に垢抜けて、バンドの個性が固まったと思うんです。

これまでのような、ロック色の強い曲、暗く怪しい感じの曲、バラード、明るめの曲、いずれも耳当たりがよく、洗練されています。


これ以降のアルバムもかなり良いんですが、やっぱりこのアルバムが一番好きです。終始、ジャケットの「透明感のある水色」のイメージがあって、他のバンドには出せない空気感がこのアルバムにはありますよ。


ちなみに、9曲目の「誘いの樹海」って曲がとても好きなんですが、ライムはどうも「森系」の曲が好きになりやすいです。

ポルノグラフィティの「音のない森」や12012の「Deep Forest」などなど、森を題材にした曲にハマりやすいんですよね。




森系の曲つくろっかな?

そんな簡単にできるもんでもないけど。。。


| ひとりごと | 22:32 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

春休み1週目のあれこれ

最近バーガーキングに行き過ぎて飽きてきたライムです。

ドムドムバーガーって店舗数少ないんですね。ダイエー系列に多いとか。でもダイエー自体減ってるから・・・。



春休みも一週間が過ぎました。なかなかニートみたいな日々を送ってます。

ほんとにやりたいことやってばっかりです。不安になっちゃうくらい。




2月6日は、昼間に大学で諸用を済ませて、夜に先輩方のライブだったので、その間に上賀茂神社へ行ってきました。


神社の辺りは、京都産業大学のふもとなので、京産シャトルバスと市バスの往来で渋滞してました。

でも境内に入ると、周辺の喧騒が嘘のようにのどか。平日、しかも真冬ということで観光客もとても少なかったです。





境内には小川が流れてます。豪華な橋は重要文化財なので閉鎖。横のフツーの橋を渡ります。


なんだかRPGに出てきそうな、非日常的なところでした。

基本的にツーリングでは非日常感を求めて、RPGみたいな観光地や風景、建物が大好物なんですが、ここはまさにそんなライムの心を魅了しましたね。

下鴨神社の糺の森も好きなんですが、上賀茂神社もなかなか素晴らしいです!




とりあえず本殿をお参り。改装でしょうか、一部工事中でした。。。




上賀茂神社の中にはいくつかの小さな神社?があり、祀っている神様が違うらしいです。

写真のは交通安全の神様。とりあえずここもお参りして帰りましたとさ。



夜は大学の部活の先輩方のライブが三条であったので、一人で観に行く。

するといつでもジャージを着てる後輩も観に来てました。もちろんジャージで。

先輩たちのカッケー演奏を聴いて、あーピアノ練習しないとなーと再確認しました。

作曲も真剣にやりたいすねぇ。





そして2月7日は大阪を久々のSCOTT sub30でぶらり。街中のダートを探してさまよいました。

まずは写真のところ。そう、大阪城公園です。写真は府警の近くらへん。

ここもRPG感が出てますね。確実にイベント発生&戦闘シーンに使えそうな広い敷地。。。

中ボスを倒したら、塔の扉が開いて、、、みたいな妄想をしながら大阪城公園の未舗装路をぶらぶら。




法円坂の高速道路と一般道が並走してる図。歩道橋からの撮影ですが、ここから撮る道路がなんだか妙に好きなんです。放射状の美しいラインに沿って車が猛スピードで駆けていく感じ・・・。


夜も素敵なんですよ、ここ。

一度ここを夜に通ったとき、この歩道橋でヴァイオリンを弾いてる男性がいました。

音も迷惑にならないですもんね。車の音でかき消されるでしょうし。やたらとカッコよく見えましたね。顔は見てないですけど。





難波宮もぶらぶら。でもここなんだか不気味なおっさんが多くて怖い。。。

枚岡神社で不気味なおっさんにチカンされてから軽く「不気味なおっさん恐怖症」のライムは足早に難波宮を出ました。


みなさんも不気味なおっさんにはご注意を。


その後、本町にあるY's Roadに行って、テキトーにロードバイクを見回って何も買わずに退店。何度か行ってるけど、もう何年も買い物してません、、、と思ったけど、こないだここでMavicのチューブ買いましたね。



その後、中之島を東西に通過します。日本銀行の重厚な雰囲気、カッコええすなぁ。





そのまま西へ進んで、大阪市中央卸売市場まで来ちゃいました。そろそろ帰ります。





この日は強い西風だったので、帰りは風の影響を受けやすい淀川河川敷で、追い風に乗って帰ります。

途中、古めかしい石碑が。昔の道路標識みたいなものですね。


「伊丹 2里」
と書いてあります。今も昔も距離表示ってあるんですね。僕もツーリングの際はとてもお世話になってます。

にしても中津から伊丹が2里。「母を訪ねて三千里」って恐ろしく遠い所まで訪ねてたんですねぇ。。。

あれって結局アルゼンチンまで行ったんでしたっけ?ちゃんと観たことないんですよね。




落日を見届けながら内環まで河川敷を、風に背中押されながら帰宅。

この日は41.8kmほどでした。



さてさて、自転車の話題はこんなもんです。


今回からひとりごと記事の最後に、ジャンル問わず、管理人ライムの好きなアルバムを勝手に紹介していこうと思います。

あーこいつこんなん聴くんだー、とか、みなさんの普段聴かないジャンルを知るきっかけになれば嬉しいです。


主にジャズ、ロック、ポップス、パンク、V系、まれに北欧メタルとかも紹介するかもです。

あと、BEST盤や曲単体の評価ではなく、アルバム全体の評価です。


なんというか、アルバムって形態が好きで、音楽家の複数の芸術作品の組み合わせ方で聴こえ方や感じ方ってのは変わると思うんです。

もちろん、「この曲が良い!」とかもありますが、絵画でいうなれば、「キュレーター」ってあるじゃないですか。

音楽家がアルバムを発表する際には、キュレーターとしての技術も必要だと思うんです。

どういうテーマで、どういう曲をどういう順番で収録するか。そういう部分も含めて評価していきたいのです。

だからアルバムごとでテーマがはっきりしてて、カラーが全然違う!なんて音楽家が好きですし、シングル2〜3枚出して隔年でアルバムを一枚コンスタントに発売する日本音楽業界の「アルバム」をぞんざいに扱う感じがほんっっっっっとに大嫌いです。




と、テンションに任せて書いてたら恐ろしく長文になっちゃいました。はよ紹介せぇよって話ですね。




一発目の今日はJAZZから。

sax奏者、矢野沙織さんの5枚目のアルバム「Grovin' High」です。

「アンサンブルでのジャズ表現」というテーマ通り、9人もの演奏者が登場します。様々なソリストが入れ代わり立ち代わり出てくる、ジャズの醍醐味を味わえます。

そして驚くことにこのアルバムが出た当時、彼女は19歳だということ・・・。早熟にも程がある、いい音色です。こんなソロ取れないわー、ってなります。。。



なぜ一発目にこのアルバムを紹介したかというと、「ジャズを聴かない人でも聴きやすい」からです。

ジャズって何だかとっつきにくいイメージありますよね。ファンクやスムーズジャズなんかはロック要素も融合してるので、比較的聴きやすいんですが、やっぱりジャズ聴くならスタンダードなジャズを知らないとファンクもスムーズも理解できないです!

コルトレーンやマイルス・デイビスといったビッグネームの演奏ははじめ聴くと、終始アタマの上に「?」がついたままで、聴いててつまんないことが多いです。


日本人のスタンダードジャズは、ずばり聴きやすいです。例えば、テンポを外したソロ回しが少なかったり、割ときれいに演奏されてます。

一曲目の「Speak Low」でジャズの雰囲気や展開を理解し、3曲目「My Ideal」はしっとりとしたバラード、ほかにもみんな知ってるであろう「Over the Rainbow」やジャズブルースの「Billie's Bounce」が収録されており、勉強になる&楽しめるアルバムです。

何といってもジャズのベースは超かっこいいです!コントラバスの重厚で柔らかく、動きのある4ビート、さらにソロまでとっちゃうんですから。



個人的な話ですが、3月末にライブ出るバンドで、このアルバム6曲目に入ってるタイトル曲「Grovin' High」をやりたいんですが、メンバーがOKしてくれません。やりたいのなぁー。




・・・最後めっちゃ個人的でしたね。でもこのブログ自体、個人的な話以外なにもない内容になってるので問題ないですよね。

| ひとりごと | 02:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Categories
Archives
Recent comment
Recommend
ついった
かうんた
ブログパーツUL5
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM