スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
<< 課題(ちょっと)山積 | main | 週末は自転車100% >>

松尾山林道アタック

日付:2009年 1月23日
総距離:110.39km
///////////////////////////////////////////////////////////////

…え〜っと…、はじめにひとつ言っておきます。


かなり危なかったです。

何が、どう危ないのか、写真多めで書いていきます。。。




目的の「松尾山林道」は、京都嵐山のすこし南側にある林道。

久しぶりに淀川河川敷を、京都府境まで走る。思い出の御幸橋が架け替えられ、以前の橋が撤去されていた…。

はじめて、京都市や滋賀県に行ったときに渡った橋が、撤去されている…とはいえ、相当ボロかったし、渋滞の原因になってる橋だったので仕方ないか。

写真の状態…スタントがウリの映画なら、バイクに乗って、右側の資材を使って、全速で飛んで、左側に着地する…なんてシーンが撮れそうですな。

ちなみに、着地と同時に爆破する演出を加えたら、それは突然、戦隊モノに姿を変えます。不思議ですねっ。




桂川に沿って延びる自転車道の、その横にある未舗装路を走ります。

もともと舗装してた?という感じの、ボロボロのコンクリがまれに顔を出すが、基本的にフラットな砂利道です。

新しい、SHIMANO R500のホイールでもばっちり未舗装路を走れます。オールラウンドなホイールですなぁ。。。



以前から、自転車道を走りながら「あの未舗装路…面白そう…。」と思ってたんですが、走ってみると、予想通り面白い!!

自転車道と違って、景色の変化が多いです。でも、ロードバイクは止めたほうが良いね。



と、ウハウハで走ってたら、途中で通行止め…。

仕方なく、階段で自転車道へ上がる。でも、よく見たら、写真の右側に細い道が延びてたことに、上がってから気づく…。

…次回に走ってみよう!



松尾という町から松尾山林道へ上る。写真は山田口交差点

なんと、この交差点には3つのコンビニが、しのぎを削っている。

ライムはローソンプラスに入店。イートインコーナーがあったから。

でも品揃えは最悪リニューアル?閉店間際?人気過ぎて品薄??

きっと、他の2店に負けたんでしょうね…。



苔寺の奥から林道が始まる。写真は林道スタート手前。



ここからスタート。一般車進入禁止。自転車も、作業車の邪魔をしないようにしよう。

ここから、長い長い、6時間に及ぶオフロードの戦いが始まる…。



道の横には、いい感じの川が流れている。いや〜、癒される!!

水面が鏡みたいに、景色を転写してますね。



予想通り、いい感じに残雪あり。奥まで行けば結構あるかも?

川の水は、高野山に登ったときの川みたいな「美しい水色」をしていた。こんなところで見れるとは…!!



一定の勾配で登っていく。

さすがに、この辺りの森は、林業が営まれている形跡がちゃんとある。

木が捨ててあるように見える写真の様子、こうやることで、土地に栄養を与えているのだ。

林業も農業も、「土」が命だそうです。



ウダウダうんちくたれてたら、アイスバーンになっちゃった!!

でもまぁ、想定内です。シクロタイヤは、細身のクセになかなかスリップしません。スーさんはミシュランヴィットーリアのちゃんぽんです。




  レースでも重宝される、最高レベルのグリップ力が、あなたのバイクの加速を助けます。

                            Vittoria CROSS XN RACE



と、外国メーカーの宣伝文句っぽく、タイヤを褒めていると、かなり雪が積もったヘアピンカーブに遭遇。さすがにここはバイクを降りて、押しました…。



雪がまったく無い所と、積もった所が交互にあらわれる。

だんだん、豪快な、緑の少ない林道の風景になる。こんな楽しい道があったとは…。

3年くらい、近畿各地を自転車で走ってきたが、まだまだ知らない道はいっぱいある。いつもそれを見つけては、「まだまだだなぁ…」と思うが、こんな思わぬ発見をする快感を求めるために、同じ近畿を走り周っているのかもしれない…。



寒い冬でも、外に出れば楽しいよ〜。

絶景の遠くに、亀岡市街が見えました。真下に目をやれば、保津川がチラリズムしてました。

ずっと登り基調でしたが、すこし下り始めました。



雪面にシクロタイヤ×クロスバイクが挑むっ!!!

…と、写真のごとく、スッテンころびました。身体だけジャンプして、バイクだけ倒れてます。

いや〜…楽しいっ!!!!

去年の愛宕谷林道の積雪はキツかったが、この程度の積雪は楽しい!!

子供のようにハシャぎながら走ります。もうすぐ大学生です。知ったことかっ!!



負けん気で、雪面を激走すると…あれ?R500って、ハブこんなんだったっけ???

やっぱり「雪」は止められない…。年一回は絶対に走りたくなるな〜。

走りにくいし、しんどいのに、走りたくなる。Mなのか??でも、雪面に突っ込んでいく感じはSっ気たっぷりだが…。



ここがこの道の終点。ロータリーになってます。ロータリーももちろん未舗装。

ここで、保津川に下りる、急坂に行くか、それとも嵐山へ登るか…。

2分ほど迷ったが、嵐山へ登ることに。



右側の真っ白の道から来て、写真の手前がロータリーで、左側の、MTBの轍が続いているのが、今から挑む登山道です。かなり急坂でした。



一旦、勾配が緩むと…「十条」?? ん〜…よく分からんなぁ…。



左側が急な崖…路面に雪…万一に備え、ここは押し歩きました。

MTBなら乗れるんだろうな〜。。。



こんな感じで道が続いてます。…いつまで登るの〜…。



だんだん、登り基調の登山道に疲れてきて、京都市街に下りたくなった…。

すると、「保津峡→」と書かれた看板が。(写真の青文字)

ということは、その反対にのびる道(←道じゃなかった…)を行けば降りられるか!?

という訳で、写真赤色のところに入っていく。

これが、最初の「失敗」であった…。



すぐにこんな事になった。

写真だけを見れば、だれもが「こんなん道ちゃうやん!!引き返せよ!!!」とツッこむだろうが、実際に林道を走って、登山道を長く登って、疲労状態にあると、ここを平然と突っ込んでいくようになるのです…。

自転車を担いで、倒木を飛び越える。シクロクロスのレースってこんなシーンあるよね。



だんだん、本格的に道がなくなってきた…。

後から考えれば、あのとき道だと思い込んで歩いた所は、すべて「ただの山の斜面」だったのです。

人間は、疲れると冷静さを保てなくなります…。何かに憑りつかれたように進むが、途中で限界に達し、引き返す。

帰路で次の「失敗」が訪れる。

来た谷と、違う谷に上がってしまい、ずっと登っても「さっきの倒木群」が無い…

そしてさらに「失敗」が…。

現在地を確認するために、尾根まで登ろうと、自転車を置いて単身、山の斜面を這い上がる。

木や岩にしがみついて登りきるが、何の情報も手に入らない…。

「…とりあえず、戻るか…ん?

重大なことに気付く。自転車をどこに置いた!!?山はどの方向も同じ景色、木々が視界を狭くする…。

斜面をジグザグに歩いて探すが…無い。

自転車を失くす事は、自転車に付けてる「カバン」も失くす事…。携帯も財布も…ヤバい…。


と、谷底の沢まで下りると…あ!!!

沢の横に自転車を置いたことを思い出した!!沢を下ると、スーさんが寂しげに横たわっていた。。。


…その後、谷が違う事に気づき、もとの交差点に戻ることが出来た…。

何と、迷宮をさ迷った時間は…2時間。

大人しく、嵐山へ登りました…。



途中、景色が開けているところがあった。嵐山の観光地も見える。ヤッホ〜ぃ。



急な下り坂で、竹林の間を駆け抜ける。京都ってカンジですね。



ここが出口。6時間も町から離れると、住宅を見るだけで安心する…。


近くのコンビニで休憩。野良猫がずっとこっち見てた。

あとは、桂川→淀川の河川敷をひた走る。

19:30くらいに帰宅。


まとめ!!

危なかった。ホントに。

山を、自然をなめてかかってはならないですね…。

余談だが、家に帰ってから、「水曜どうでしょう」の録画を見ながら、「やっぱり一人旅も良いけど、誰かと走りに行きたいな〜…」と思った。

K.M.さん、そろそろ走りに行きませんか??

| ツーリングレポート | 17:41 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 17:41 | - | - | - | - |
Comment
松尾山林道をズンズン進むと、保津に出るよ。あの保津川下りの乗り場のある所だ。
ところで、たしか松尾山林道は一切通行止のはず。でも、行く人はいる。
俺も行った…とは表立っては言わないが、この道は全然危なくないよ。ハイキングコースでもある。
まああえて言うと、変質者がいる可能性もあるから、女性一人で行くのはよしたほうがいいというとこくらい。
全然危なくないね。
2013/12/10 4:37 PM, from ねずみ大根









Trackback
url: http://sacredinfo.jugem.jp/trackback/154

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Categories
Archives
Recent comment
Recommend
ついった
かうんた
ブログパーツUL5
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM